読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのほそ道

サイエンスとかアートとか自然とか仏像とか生物とか・・・。僕の知り合いの人は読むの非推奨!

日本の経済構造の苦しみ

戦後から高度経済成長期にかけて、日本の人口ピラミッドは「ピラミッド型」。いや、それ以前の、明治や江戸にかけてもピラミッド型だった。戦後や明治は人口増加の時期だからピラミッド型になるのは当然。江戸時代に人口は増えなかったけど、医療や衛生の貧弱さから寿命をまっとうできないことがむしろふつうな時代だったから、ピラミッド型になっていた。

ピラミッド型の社会では、多数の若者を少数の中高年が支配し指図するという構造がぴたりとはまる。儒教的な年功序列社会だ。しかし少子化と人口減少のフェイズを迎え、ピラミッド型から煙突型、へたすりゃ逆ピラミッドになっていく。これでは年功序列は成り立たない。若者の労働力を搾取するというビジネスモデルは破たんしているのだ。

日本に経済力があった時代には、外国の安い労働力を搾取する構造に移行することもできた。しかし今となっては、日本はそんなに豊かな国ではない。そう、崩壊は着実に近づいている。