読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのほそ道

サイエンスとかアートとか自然とか仏像とか生物とか・・・。僕の知り合いの人は読むの非推奨!

発端

月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらえて老いを迎うる者は、日々旅にして、旅をすみかとす。古人も多く旅に死せるあり。

予も、いずれの年よりか、片雲の風に誘われて、漂泊の思いやまず、海浜にさすらえ、去年の秋、江上の破屋に蜘蛛の古巣を払いて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神のものにつきて心を狂わせ、道祖神の招きにあいて取るものも手につかず、股引の破れをつづり、笠の緒付けかえて、三里に灸すえるより、松島の月まず心にかかりて、住めるかたは人に譲り、杉風が別所に移るに、

草の戸も 住み替わる代ぞ 雛の家

表八句を庵の柱に掛け置く。