読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのほそ道

サイエンスとかアートとか自然とか仏像とか生物とか・・・。僕の知り合いの人は読むの非推奨!

読解力の低下:<HKT48>「女性蔑視の歌詞だ」新曲に批判

<HKT48>「女性蔑視の歌詞だ」新曲に批判

曲は4月13日に発売された。「頭からっぽでいい」「世の中のジョーシキ 何も知らなくても メイク上手ならいい」と見た目重視の女子の心情を歌う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000076-mai-soci

 

シュールなブラックジョークで逆説的に問題を提起する。これは昔からある手法だ。たとえばEagles。Life in the fast laneのように、現代人の心理を見つめ、それになりきって歌う。Eaglesの真意は現代人に対する批判なんだけど、歌詞の内容は病んだ現代人の心理を淡々と語るだけ。聞く人がそれを自分自身で解釈し、作詞家の意図に自発的に気づき、現代人のあやうさに気づくようにするしかけである。

「女の子は頭からっぽでいい」って思ってる女子は確かに存在するだろうけど、それはさすがに少数派だろう。これは秋元さんからのブラックジョークなのである。この歌を聞いて、逆説的に「勉強しよう」と思う女子が出現するための刺激なのである。もちろんこの歌詞を聞いて、ほんとにバカになってしまう女子も少数派いる可能性も否定しない。それはそれとして、より多くの女子は、バカでいつづけることに不安を感じ、勉強するようになってほしい。そういう意図なのではないだろうか。

リーガルハイというドラマがあって、主人公はモラルを欠いた弁護士である。この存在自体がブラックジョークであり、視聴者は、こんな人にはなりたくないな、しかしここまで、すがすがしいくらいにカスだと、感情移入する側面もあるな、みたいな反応をする。くだんのHKTの歌詞に対しても、同様に反応すべきなんだと思う。

薄笑いを浮かべながら歌を聞こう。すがすがしいくらいのカスを愛でてみよう。ロリコンじゃなくても会田誠がつくるロリコン的作品の鑑賞が可能であるように。